ノロウィルスの季節がやってくる

冬になるとノロウィルスに注意しなくてはいけません。11月頃から2月頃までがら罹患率が高いようです。私も牡蠣を食べて感染、入院したことがあります。ノロウィルスに汚染された貝類を人間が食べることによって食中毒(消化器症状・嘔吐、下痢)を起こすわけです。排便や吐物から人へも感染するので、感染者として扱われるわけです。症状が落ち着くまで隔離されるという事態になりました。しかし嘔吐・下痢もつらいですが、腹痛・熱発もつらいですよね。貝類は熱を通したものを食べた方がいいです。これ本当です。85度以上で1分以上加熱すると大丈夫なので加熱して食しましょう。

ノロウィルスについて

ノロとは非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属で人間に感染するものは3種類あるそうです。

感染者の糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して(ドアノブやトイレ、食器)経口感染するほか、河川を経由して汚染された貝類の摂食によって感染すると言われています。このノロウィルスは乾燥した状態でも長生きしますので、症状がなくなってもしばらくの間保菌しているようなので、特に食を提供する仕事の人は人への感染源となりえるので注意が必要です。手洗いはしっかりしなくてはいけません。

スポンサーリンク

このウィルスどのくらい長く生きるのか・・1カ月~2か月くらいは生きる可能性があるそうです。というかまだわかっていないことが多いのです・・・

症状と治療は?

嘔気・嘔吐・下痢・熱発・腹痛・倦怠感(だるさ)などが主な症状です。トイレから離れられないくらいの下痢・・・とてもつらいです。下痢とめよりも整腸剤が処方されます。そして点滴から吐き気止めを入れたりします。ウィルスですので抗生剤は効果ありません。ワクチンもありませんので対症療法と拡散予防になります。

検査は?

ノロウィルス検査には普通簡易キッドが使用されます。少量の吐物や便をキットに付けて提出しますので、感染していても検出されない事もあるそうです.

感染しないために

  • 生ものは食べない。しっかり加熱されたものを食べる
  • トイレにいったりドアノブを触ったりした後は必ず手洗いをしっかりとする。
  • トイレのふたは必ず閉めてから流すようにする
  • 食器類やトイレ掃除、リネン類 カーテン類、ドアノブの消毒や加熱
  • 食器類は次亜塩素酸ナトリウムにつけ置きしたり、家庭用の塩素系漂白剤を使って消毒すると効果がありますが、消毒した後しっかり拭き取り (注意事項は守って使用しないといけません)。洗っても心配な場合は加熱消毒してもいいと思います。
  • 感染した人はしばらく公共施設の利用は控えるか、感染拡大しないように配慮することで2次感染を防ぐことができると思います。

まとめ

今からの季節フグや牡蠣が美味しい季節ですね。でも2枚貝はとても危険です。ほかの魚介類の中でもダントツでウィルスを保有していることが多いです。若者はともかく幼児や高齢者は絶対に生ものはさけていただきたいなと思います。若い人でも辛いのですから避けられるものは避けて加熱して美味しく楽しくいただいてほしいと思います。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です