プール熱にかかりやすい夏

夏と言えばプール、プールが始まればプール熱が流行しだします。プールが始まる6月から流行が始まり、7,8月がピークで10月頃まで流行がみられます。今日は子供たちがよくかかってしまうプール熱を取り上げたいと思います。

咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)

プール熱は正式には咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいます。夏における2大感染症のうちの一つ、アデノウィルスと呼ばれるウィルスが原因となる感染症です。その名前通りで、プールなどの公共施設・抵抗力の弱い高齢者が集まる施設などで多く見られます。このウィルスは感染力が非常に強いため、例えば咽頭結膜熱の患者が利用したタオルを共用することでおこる接触感染や、患者の咳やくしゃみでうつる飛沫感染にも注意をしないと感染してしまいます。潜伏期間があるので誰が感染しているかはわかりません。いつでもどこでも誰とでもタオルなどの共用は絶対避けてくださいね。

症状

アデノウィルスに感染すると、39度以上の熱が4日~5日程度続き、さらには結膜炎に似た目の炎症が現れます。また、耳のリンパが腫れるのも特徴です。

スポンサーリンク

まとめ

ウィルスは薬は効かないことを知っていますか?抗生剤を飲めば治るというのは間違いです。抗生剤は処方されないと思いますが、間違っても飲まないようにしてください。薬を多用してしまうと多剤耐性菌といって抗生剤が効かないようになってしまう恐れがあります。熱が上がるのはウィルスと戦っているからです。水分、栄養をしっかりとって安静にしましょう。

病院で受診して診断名がわかれば安心ですし、症状がひどければそれに対するお薬だけ処方してもらいましょう。

病気予防は常日頃から、忘れ物をせずしっかりプールの準備をすることから始めましょう。子供にも言い聞かせることが大切ですね。



のどの症状が強い時は食欲が落ちますので、のどごしが良いものを食べさせ、水分補給を心がけます。水分も殆ど取れないことが続いてぐったりするようなら、やっぱり心配ですよね。病院で点滴したり、症状によっては入院が必要となる場合もありますので、その時は再度、医療機関を受診しましょう。一部で重症化することもありますのでやはり油断は禁物です。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です