便秘になってしまった。

旅行など行くといつも便秘がちになっていましたが、食事も気を付けていたんですが、今回も旅行で生活環境が変わりまして、やはり便秘になりました。何だかでないと楽しく観光もできませんよね、出先ではトイレが気になるし・・どうしたらいいのでしょうか?

便秘とは

便の排泄が困難になっている状態の総称で、原因は消化管の狭窄や閉塞による便の通過障害や臨床的には異常を認めない慢性型機能性便秘など多岐にわたるようです。自覚症状として、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまいなどのほか、肩や背中に放散痛を伴う場合もあるようです。

女性の場合はダイエットやホルモンのバランスなども要因となるようです。

私の場合生活環境の変化によっての便秘で腹部膨満や少しの違和感(残便感)がありました。そして肌も荒れてきますよね、少し吹き出物が現れてしまいます。

きれいな肌でいるためには出すものは出さないといけません。身体にためず出すことが美容にもつながりますね。食事にも気を付けないといけませんが、出先では難しいです

便秘解消するためには

 

  • 毎日一回、決まった時間にトイレに行く習慣をつける。便意がなくても、朝に一度はトイレに必ず行き、排便をしようと努力する。しかし、本当に出そうもないのに長時間座り続けるのは良くない。
  • 積極的に体操や水泳などの運動に心がけ、腹筋を鍛える。一見、腹筋は関係なさそうだが、腹の筋肉の強化は排便の上で大切。腹部のマッサージも効果的。
  • 朝、起き抜けに冷たい水や牛乳を飲むのも良い。食物繊維を積極的にとり、一日3食を心がける。

わかってはいるけど、旅行中は難しいですよね、できることは朝起きたら水を飲む。腹部マッサージ(腸の走行に沿ってのの字を書いてマッサージ)くらいですかね。移動時間にも気を取られてゆっくりトイレに座ったりできないことも原因ですしね。水を硬水に変えてみることも排泄につながるかもしれません。

そしてトイレの体勢で効果的な姿勢はロダンの考える人だそうです。なるほど腹筋がかかるようにということですね。これは試してみてもいいですね。

どうしても出ない場合は薬に頼らざる負えませんが、出来るだけいろいろ試してみてください。

私の場合その他には

  1. 牛乳とキューリを一緒に摂取する
  2. 梅・アプリコットのドライフルーツを食べる
  3. ヨーグルト・ケフィールを食べてみる

私はヨーグルト・ケフィール効果あり!でした。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

Related Post

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です