免疫力には体温が大事?虫刺されも腫れてなおらない。どうすれば免疫力はあがるのか。

普段は気にしない健康。

少し調子が悪くなると日々健康でいたいと思うものです。日頃から適度な運動、適切な睡眠、バランスの取れた食事、ストレスのない生活が出来たらいいのですが・・なかなか難しいですね。

どうしたら免疫力があがるのか・・まずは免疫力がどういうものかを知ることが大切です。

免疫力ってなに?

自己再生機能と自己防衛機能

自分の身体を自分で守る、自分で自分を治す力。それを免疫力と言います。

スポンサーリンク

いわゆる自己再生機能自己防衛機能と言われています。

例えば切傷の時の傷の治りは、傷口から浸入してくる細菌と戦いつつ皮膚を再生しているので自己防衛機能と自己再生機能を同時に働かせているということになります。この免疫力が弱ったりするとどうなるでしょう・・傷口の再生もされず菌が体内に入り込み重症化することも考えられるわけです。

こんな感じで・・虫刺されでさえも腫れあがってしまったり治らない状態が続いたり・・

この自分で治して、自分で補うことができるので普通に生活ができるわけです。もし免疫力がないという状態なら・・滅菌室から出ることができなくなり自由も奪われます。

病気になったら

病気を治すために本人が絶対にしなければならないことは、それは十分な休養をとるということです。ただし、「休養」と言っても、ただ休息するだけでなく、病気の回復とともに、適度に肉体を動かし、血行を促進し、酸素や栄養素を全身の細胞に送ってやる必要があります。また、不足している栄養素は補い反対に取りすぎている成分は控えなければなりません。それに

免疫をあげるためには体温をあげることも必要です。

身体を冷やしてしますと、免疫力が低下することは周知の事実です。どのくらいかといいますと、1度下がると30パーセントの免疫力が低下するそうです。それだけの免疫力が低下すると身体を守る機能が全身に十分働きません。それではどうしたらいいのか・・それは身体を冷やさないことです。

冷たすぎるものを食べたり、飲んだりしないこと。露出を避けること(薄着をしない)。運動をすること。過度の食事ダイエットをしない。冷房下で身体を冷やし過ぎない事(湯船につかって暖まること)

私の場合常に足元から冷えてきます。足元を冷やさないことが大切ですね・・そして運動・・まずは歩くこと・・それが大事です。毎日の日課にしましょう。冬場、寒くなると引きこもりがちになりますのでヨガなんか始めるのもいいかもしれません。

そして食事・・・私はダイエットのために1日1食を始めたんですが・・バランス悪い食事が原因か、いろいろトラブルがでました。それで1日2食にしました。やはり過度なダイエットは大敵です。別に過度だとは思っていませんでしたが・・バランスが悪くなったのでしょう。バランスの良い食事は次回書いてみたいと思います。

まとめ

もともと人体は、自己治癒に必要なさまざまな物質を体内で分泌しることがわかっています。医薬品として認知されている人工物質と類似の物質が、最近になって、もともと体内で自然に分泌されていることが発見されていたりするわけで、自然に自分で自分を治すように身体はできているのです。

何事もほどほどにしなくてはいけません。身体が寒いと思ったら暖めること。足首・手首・腰は冷やさない事。お腹が空いたらバランスよく食べること、イライラしたらストレスを発散すること、自分の身体が教えてくれているはずです。無理はするなと・・


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です