抜け毛に悩む。更年期で抜け毛は増える?

最近排水溝にたまる髪の毛の量に不安を覚えます。何だか抜ける量が多くなって・・しかもゴワゴワ。ホルモンのバランスが悪くなると抜けるのかな?ハゲたりしないかな?心配ですよね。最近の研究ではコラーゲン不足が薄毛の原因だと判明したそうですが・・まだ研究段階ですね。

女性の場合はホルモンのバランスや乱れも要因になります。更年期のほかにも出産後も抜け毛が増えて心配したことがあります。この時も凄く心配しましたが、7か月後の月のものが来たら抜け毛も落ち着いたんです。ホルモンってないと困るんですねえ。それに抜け毛にも一番抜けやすい時期があるそうで・・それがいま。秋から冬にかけてが一番抜ける季節なんだそうです。いろいろ重なって一層抜けているんでしょうか・・悩みが多い更年期です。

脱毛の種類

  • 男性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 老人性脱毛症

人間は60歳を超えると、性差にかかわりなく髪の毛を含む体毛が薄くなっていきますが、これを老人性脱毛症といいます。男性型脱毛症と異なり頭部全体(さらには全身)にわたって毛の減少がある。進行には個人差があり、男性型脱毛症を併発することが多いので。そして原因不明の円形脱毛症・ストレスと関係していると言われますが・・明らかではないですよね。

スポンサーリンク

私は円形脱毛でも何回も皮膚科に行ったことがありますが・・「毛根あるから大丈夫・・生えてくるよ。」それだけで診察は終わりました。そうなんですけど・・ねえ。心配なんですよね。

最近では、加齢による薄毛の原因が、頭皮に存在するコラーゲンの一種が減少し、毛髪を作り出す細胞が死滅するためだとする研究成果を発表しました。

コラーゲンは本当に大切なんですね・・今後の薄毛対策はコラーゲン・・。



エストロゲンと抜け毛

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛の成長を促す働き髪の毛が成長期間を持続させる働きがあります。更年期になってエストロゲンの減少が起こるわけですがホルモンのバランスが崩れることにより、この働きが十分に行われずに抜け毛へとつながっているということが考えられます。そのほかにも無理なダイエット・寝不足・過度な紫外線を浴びるなど原因はあるとおもいます。

更年期には抜け毛以外にも、身心にさまざまな症状が現れます。老眼・身体的変化による様々なストレス。それも原因になっていると思われます。

 

更年期で抜け毛が多い時は

他の症状も強く日常生活が困難である場合は、更年期障害と医療機関で診断してもらいホルモン療法を受けてみるというのがいいのかな?と思います。エストロゲンの補充をすることにより抜け毛対策にもつながります。更年期障害についてはこちら

まとめ

まずは基本的な生活習慣を見直してみるのがいいのでしょう。

  • 早寝早起き
  • バランスの良い食事
  • ストレスのない生活
  • 適度な運動
  • サプリメントで補充

言ってみるのは簡単ですが・・これがなかなか難しい・・・。10時前に就寝頑張ってます。今日もウォ₋キングに出かけます。食事はまだバランス悪く炭水化物が多いです。ストレスはかなりあるほうです。なかなかですが自分のために頑張ります。夏に帽子かぶらず出かけた付けも抜け毛につながっているようです。

これで改善しない場合はホルモン補充して抜け毛改善するつもりです。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です