続・MUSE(みゅーず)細胞で慢性腎臓病を根治する日が来るのかもしれません

最先端医療MUSE細胞に期待して待っている間に透析導入などならないように、少しでも腎機能を維持したいものですが、万が一透析になってしまった場合のことも書いてみたいと思います。腎不全状態になっても根治が期待できるのかはまだまだ不明でしょうし。

末期腎不全になった場合の治療法には、「透析療法」と「腎臓移植」があり、透析療法には「血液透析」と「腹膜透析(CAPD)」の2つがあります。
それぞれに長所と短所がありますので、生活スタイルに合った治療法を選択できます。
現在、約95%の患者さんが血液透析を行っており、約5%の患者さんがCAPDを行っています。



血液透析準備

多くの人が血液透析を選んでいます。血液透析を選ぶとシャントと呼ばれるものを腕に作ることになります。外シャント、内シャントと言われるものがありますが、内シャントが一般的です。このシャントは動脈と静脈をつないで血管を大きく発達させることが目的となります。透析をする際にこのシャントから血液を体外循環させるために必要になります。1分間に100~多い人になると300mlくらいを3時間から5時間まで体外循環させることになりますので、血管が細いと血液を採ることができないから準備として手術をおこなうことになるのです。

血管が細くて作れない人の場合、表在化シャントと言われる(動脈を皮膚表面に持ち上げてくる)ものを作る場合もあります。あるいは人工血管を入れたりする場合もあります。人工血管の場合感染のリスクも上がりますので、消毒方法も入念にしなくてはならなくなります。

腹膜透析は一時期人数が増えましたが、腹膜内に透析液を自分で入れたり手順を覚える必要がありますし、1日に何度も行わなくてはならないという手間もあります。若くて仕事で忙しい人が選ぶ傾向にあります。腹膜に管を入れて透析をするのでやはり手術は必要ですし、また感染のリスクもあります。最近では若い人向けに夜間血液透析ができていますし、休眠しながら朝まで透析して仕事に出かける人も増えています

腎臓移植するには条件があります。

  • 腎移植と免疫抑制療法を安全に受けることができること

慢性および活動性感染症がない
悪性腫瘍がない(数年経過し治癒していれば可)
重大な臓器障害、活動性自己免疫疾患(肝硬変、膠原病など)がない
心臓や肺機能が手術に耐えられる(あれば治療し改善してから移植へ)
末梢動脈病変がない
消化性潰瘍がない、あるいは完全に治癒している。
内服管理や自己管理が可能(きちんと服薬でき、提供された時腎臓を大切にできる)

というのが条件になるようです。

このようにどの方法を選ぶかで(夜間透析できない施設もありますし)様々な方の環境も考慮して施設や透析方法などを選んだりするわけです。

こうしたことを考えると、やはり慢性腎臓病を早期で発見し定期的な検査、内服、食事療法などの管理で病気の進行を食い止め透析に至らないことが必要なのです。

そしてMUSE細胞に期待をよせましょう。

 


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

Related Post

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です