老眼が回復するかもしれないと期待。角膜インレーと視力回復

最近何だか字が見えにくい・・なんだかぼやける。なんてことはないですか?ピント調整機能に異常が出やすいのは40代だけではなく若者でもあることです。目を酷使するとやばいことになってしまうかもしれません。目を少しでも健常に保つ意識を持つことが現代を生きる上で大切な事ですね。

老眼とスマホ老眼

老眼とは

老眼とは、年齢を重ねることで(水晶体の弾性が失われて)ピント調節機能が弱くなり(近くのものに焦点を合わせることが遅くなったり、できなくなってくる。)物が見えづらくなってしまうことです。老視(ろうし)が正式名称です。

40代から60代初めに自覚されることが多いですが、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっており、日常生活で字を読む時の距離である30cm前後が見えにくくなるのが、この辺の年齢であるといえます。しかしこのような症状を自覚する年齢は個人差があり一概には言えないが、一般には40歳前後、早い人では30歳代半ばあたり、遅い人でも50歳代から60歳あたりまでに自覚症状を訴えることがほとんどです。

スポンサーリンク

老視は遠方が明視できる状態において、中・近距離の細かい文字や小物などの細部がにじんだり、チラついたりして明視しづらくなるだけではありません。(老眼鏡や遠近両用眼鏡などを使用した場合も含め)パソコンや携帯電話の画面・読書などの比較的近距離を長時間見ていた後、遠方を見ようとしても即座に調整が出来ずしばらく見づらいといった症状、また比較的明るい場所ではそれなりに近い距離も見えるが、暗い場所では遠距離もやや見づらいといった症状、特に近距離の場合には特有の見づらい傾向がさらに強くなったり、比較的暗い色の小物なども感知しづらくなるといった症状を併発する場合も多いようです。

  • 本や新聞など手元のものが見えづらい
  • 細かい文字を見ているとすぐ目が疲れる
  • 視力矯正のメガネやコンタクトをかけていても見えづらい距離が存在する

といった症状がおこります。老眼鏡(老視鏡の使用)が一般的です。一方で20代から発症するスマホ老眼というものがあります。

スマホ老眼とは

スマートフォンを使っていると、手に持ったスマホの小さな画面をずっと凝視しています。
手と目の距離は近く、たえずほぼ一定の距離を保つことになります。一方、スマホを使わない日常生活の中では遠近さまざまな場所や物を目にし、たえずピント調節を行っていることが通常です。

スマートフォンを長時間使うことでピント調節機能がまったく使われないため、機能が低下しまるで老眼のような状態を引き起こすことをスマホ老眼といいます。

パソコンやタブレットの場合もスマートフォンと同様、老眼を進行させる可能性があると言われています。パソコンやタブレットに比べるとスマートフォンの画面ははるかに小さく、文字も一層小さく、小さな細かいものを凝視すればするほど目には負担がかかるので、パソコンやタブレットよりもスマホの方が老眼の懸念は大きいと言われています。

仕事が終わっても使い続けるスマホ・・どうすれば老視を遅らせることができるのでしょうか?

もちろんできるだけパソコン、スマホを見る時間を短くすることが大事

  • 時間を決めて定期的に休憩、遠方をみる
  • 暗所で使用しない
  • 温めたり、マッサージ・目の運動で疲労回復を図る
  • 眼に合わせた眼鏡をかける
  • 必要によっては目薬、眼科受診する

このくらいでしょうか・・疲れる前に時間を見てやめましょう。

目の運動もしてくださいね。

便利な時代ですがPc・スマホ、やりすぎると目が悪くなるという代償があります。角膜インレーという老視の回復が見込めるかもしれないレンズが現在研究中だとか??それが本当ならメガネが不要になるかもしれないと、希望がもてますね。慣れないと👓をかけて余計に頭が痛くなったりと、現在大変な思いをしています。私の場合10分ごとに外の景色(遠方)を眺めてみたりしてますが・・やはり数日間パソコンから離れると格段と視力が回復するのを実感しました。老眼なのか、スマホ老眼なのか不鮮明ですが・・・そういう人も増えているんでしょうね。パソコンから離れて視力が回復するのならスマホ老眼なのでしょう。またパソコン生活で少し悪化しているなと感じている毎日です。少しでも予防し悪化を防ぎましょう。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です