腸美人になるにはどうしたらいいのか?結局は規則正しい生活なんですよね。

腸の働きが何かわかればおのずと腸をきれいにしたらいいことたくさんあるとわかってもらえると思います。では早速腸の働きをみてみましょう。

腸はどんな働きをしてくれているの?

 

  • 病原体の侵入を防ぎ排除する
  • 食物繊維を消化し、短さ脂肪酸を生成する
  • VB2(ビタミンB2)、VB6,VB12,VK、葉酸、パントテン酸、ビオチンの生産をする
  • ドーパミンやセロトニンを合成する
  • 腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力の70%を生成する。

本当に多くの働きをしてくれていますね。人の腸にはたくさんの腸内細菌がいますが、この細菌がいろいろな働きをしてくれています。大腸の中にいる細菌は重さにすると2キロにもなるそうです。

スポンサーリンク

このいろいろな働きをしてくれる腸内細菌ですが常在細菌とも言われています。

そしていろんな菌がいると言われていますが、まだまだ分からない菌もたくさんあるんですよね。そして今まで悪いとされてきた菌が肥満や糖尿病の予防をしたり、善玉菌と言われてきたビフィズス菌も取りすぎると返ってわるかったりするという発表論文もあるようです。現在は遺伝子レベルで研究がすすめらているので、今までの常識が全く違うとうことも明らかになってくるのかもしれません。

バランス良い食事

 

ビフィズス菌と乳酸菌・・これを良くとっていましたが、最近の論文ではとりすぎるとかえって病気になることもあると言われているようです。まだ確実ではないようですが、バランスよく食事をすることが一番いいのかもしれません。・・これが基本ですね。

腸美人、腸の細菌がきっちり働いてくれないと体調がすぐれなくなったり、病気になったりすることは腸の働きをみればわかることですよね。そうすると抗生剤を飲む必要がない時は、抗生剤は飲まない!これが大事なのです。これが腸内細菌をなくさないために必要なこと!

 

そして食事と食事の間を8時間以上あけること。

 

腸内の便が一掃されるように、食べたら出さなくてはいけません。便秘していると身体に悪いのはいうまでもありません。腸の動きを助けるために食事時間を少しあけてみませんか?

1日に3食も食べてしまうと、食事と食事の間が短くなります。朝6、昼12、夕食7に食べるとすると、夕食から次の日の朝まではきっちりあきますね。でも間食するとアウトになっちゃうかもしれません。

腸内の食べ物は蠕動運動で運ばれて行きます。しかし食事時間を8時間以上開けることで大蠕動運動が発生します。内容物が一気に肛門近くまで流れてくれて排泄しやすい状態になります。そして朝1杯の水を飲むことで消化管が働きだし、毎日快便となります。

夕食から朝までは何も食べない・・これで時間が空きますね。試してみてください。

おわりに

これを始めてから毎日快便です。

バランスの良い食事で腸内環境を整えて、そして毎日快便にする。これで腸は今日もしっかり働いてくれるでしょう。

良いと言われていたことも日々研究でかわりますので、常にバランスを考えて腸美人を目指しましょう。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です