首イボは取れるのか?アクロコルドンかスキンダックか・・なんにしてもきれいでいたいんですが・・

30代を迎えるあたりから、首イボができることがあります。私もそうです。最初は数個だったイボですが、いつの間にか多発してきました……。やばい。そう思いバイオイルを使用してきました。一般的にこれは“首イボ”と呼ばれていますが、首以外にも、脇の下、胸、脇腹、鼠径部(そけいぶ)など、皮膚の薄い場所にできやすいのが特徴だそうです。私の場合は首だけに集中しています。

いぼとは

イボは皮膚の線維や脂肪から成り立っています。医学的には、イボの大きさによって名称が変わるそうです

  • 2~3㎜で多発しやすいものを“アクロコルドン”または“スキンタッグ”と呼びます

アクロコルドンの方が腫瘍としては小さく、スキンダックの方が若干大きいく色も濃いのだそうです。どちらも痛みはないし、また年齢とともに増えてくるのも特徴だそうです。

スポンサーリンク

その他にも

  • 単発でやや大きなもの(直径約1㎝)は“軟性線維腫
  • 軟性線維腫がさらに大きくなり、皮膚面から垂れ下がるようになったものを“懸垂性線維腫

などがあります。

私の首はアクロコルドンとスキンダック混合でしょうね。・・・

感染の心配は?

このようなイボは良性の腫瘍で、感染の心配はありません。1つだけできる場合もあれば、数えきれないほどたくさんできる場合もあります。皮膚の老化、または体質によってできるもので、アクロコルドンは早い人なら20歳くらいから発生。しかし、ほとんどは30歳以降に発生し、加齢と共に増えていきます。特に、更年期を過ぎた女性や、肥満者に多く見られる傾向があるそうです。

できやすい場所

イボのできやすい場所が、首まわりや脇の下、胸、横腹、鼠径部など、服や下着、動作による摩擦が起きやすい場所。そのため、擦れる刺激が原因だといわれています。また、強い紫外線を浴びた後に多発する場合があり、紫外線ダメージも一因ではないかという説もあります。

良性の皮膚腫瘍なので、特に心配することはありません。ただ、老化が進み、常に服の繊維がイボを刺激していると、どんどん増え、大きくなっていくようです。

治療は

液体窒素を用いた冷凍療法(マイナス196度で低温やけどさせて腫瘍を取り除く方法)

レーザーでの治療や外科手術

保湿クリームなどによってイボが取れることはあまり期待できないようです。ですがこれ以上増やさないためにも保湿は大切ですね。

私の場合はバイオイルを使っていますが、増えることなく経過しています。少し薄くなった部分もあります。なぜ他の治療をしないのか、痕が残りやすい体質なので目立つ部分の処置は怖いからです。皮膚科医に以前相談したところ、取るしかないわねーと言っていました。あとは保湿。私はこれにたどり着きました。

イボ治療をしたあとでも再発はあります。イボをつくらない、これ以上増やさないためにも、日常でのケアが大切ですね。

ケアポイントは

  • 保湿を十分にする
  • 外出時、日焼け止めはしっかり塗る
  • アクセサリーは極力控える
  • 首にできるだけ刺激を与える服は着ない

このくらいでしょうか・・クリームでとれれば一番いいんですけどね。まずは増やさないこと、でしょうか。大きさが今以上大きくなるようでしたら医療機関で相談されることをお勧めします。

ウィルス性のイボだとヨクイニンも効果がありますが、こちらのイボには効果はないそうです

まとめ

きれいにとりたいけど、時間もかかるし痛みもあるし、すぐ治るとはかぎらない、再発もする可能性もある。少ないうちにとってしまうか、小さいころから刺激を避ける、保湿、日焼け止めをしっかりと塗るなどケアを行っていくことがきれいでいる秘訣なんでしょうね。遺伝もあるとおもいますが・・・

病気ではないけど、なんだか気になりますよね。それでも少しはうすくなっているんですよね。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です